静岡市予防接種情報提供サービス

令和元年50週~インフルエンザ、感染性胃腸炎、A群溶血性レンサ球菌、手足口病~

今週の注目感染症  令和元年・50週(12月9日~12月15日)

●インフルエンザ
全県で罹患数1290、定点当たり9.28で前週より増加。
東部地区で定点当たり10.02、中部地区で定点当たり7.21、西部地区で定点当たり10.34の患者発生あり。

●感染性胃腸炎
全県で罹患数526、定点当たり5.91で前週より増加。
東部地区で定点当たり6.78、中部地区で定点当たり5.70、西部地区で定点当たり 5.17の患者発生あり。

●A群溶血性レンサ球菌
全県で罹患数282、定点当たり3.17で前週より増加。
東部地区で定点当たり5.53、中部地区で定点当たり1.41、西部地区で定点当たり2.23の患者発生あり。

●手足口病
全県で罹患68、定点当たり0.76で前週より減少。
東部地区で定点当たり 0.50、中部地区で定点当たり 0.52、西部地区で定点当たり 1.27の患者発生あり。

・麻しん、風しんは全県で発生なし。
・咽頭結膜熱は、定点当たり東部地区で0.63、中部地区で0.56、西部地区で0.67の患者発生あり。
・RSウイルス感染症は、定点当たり東部地区で0.59、中部地区で0.67、西部地区で0.50の患者発生あり。
・水痘は、定点当たり東部地区で0.59、中部地区で0.44、西部地区で0.37の患者発生あり。
・伝染性紅斑は、定点当たり東部地区で0.78、中部地区で0.07、西部地区で0.17の患者発生あり。
・突発性発疹は、定点当たり東部地区で0.34、中部地区で0.37、西部地区で0.30の患者発生あり。
・流行性角結膜炎は、定点当たり東部地区で0.14、中部地区で0.25、西部地区で1.00の患者発生あり。

【静岡県感染症情報センターより参照】
(令和元年12月19日更新)

≪戻る