静岡市予防接種情報提供サービス

小児用肺炎球菌

【接種対象者】
生後2か月から5歳に至るまでの方

【接種回数】
小児用肺炎球菌ワクチンの接種回数は、接種開始時期によって異なります。

○生後2か月~7か月に至るまでに接種開始した方:接種回数は初回3回+追加1回の、合計4回です。
27日以上の間隔を空けて3回接種(※1)を行い、3回目の接種から60日以上の間隔を空けて1回追加接種します(追加接種は1歳になってから行います)。
※1 2回目及び3回目は2歳に至るまでに行い、それを超えたら行わない。また、2回目の接種が1歳を超えた場合、3回目の接種は行わない(いずれの場合も、追加接種は可能)。

○生後7か月~1歳に至るまでに接種開始した方:接種回数は初回2回+追加1回の、合計3回です。
27日以上の間隔を空けて2回接種(※2)を行い、2回目の接種から60日以上の間隔を空けて1回追加接種します(追加接種は1歳になってから行います)。
※2 2回目の接種は2歳に至るまでに行い、それを超えたら行わない(追加接種は可能)。

○1歳~2歳に至るまでに接種開始した方:接種回数は初回1回+追加1回の、合計2回です。
1回目の接種から60日以上の間隔を空けて1回追加接種します。

○2歳~5歳に至るまでに接種開始した方:接種回数は1回です。

★ 生後6か月以降から肺炎球菌による細菌性髄膜炎にかかるお子さんが増えますので、生後6か月までに初回(3回)の接種を済ませておくことが望ましいとされています。
≪戻る